• 光藍社
  • 光藍社

海外のバレエレポート12
プロを目指す子供たちのための公立学校(フランス)
《 ECOLE DES ENFANTS DE SPECTACLE》

バレエダンサーを目指す子どもたちにとって、毎日のレッスンは世界中共通して重要ですよね。学校が終わった後に夜のレッスンに通う。週末もレッスン。というように、レッスンと学校のやりくりはとても難しいのではないでしょうか?

01

 

<フランスではプロを目指す子どもたちを集めた公立の学校がある>
フランスでは<ECOLE DES ENFANTS DE SPECTACLE>というダンス、音楽、芝居、スポーツのプロを目指す子どもたちのための公立学校があります。
通称 horaires amenages直訳だと”柔軟な時間” 時間のやりくりが自由。みたいな感じでしょうか。普通の学校が朝8H30から16H30だとすると、このhoraires amenagesと呼ばれる学校は午前もしくは午後どちらかだけ一般教養の授業を受けます。例えば午前中勉強をし、午後にバレエのレッスンをする。また、午前中ピアノのレッスンをし、午後は学校で勉強をする。
普通の学校は水曜日だけは半日なので厳密には半分とは言えませんが、horaires amenagesは音楽と体育などを省いた授業内容でスケジュールが立てられています。普通の学校で同じことを2、3回教えるところをhoraires amenagesでは1回しか教えない、など授業時間を短くして専門分野のレッスン時間をより多く割り当てるシステムです。
公立でこのような学校があり、アーチストや特殊技能を持つ子どもたちが国レベルで支援されているというのがすばらしい!

02

 

<コンクールで差の出る9歳ぐらいから入学ができる>
アメナジェは小学校4年生からクラスを作っています。
入学できる年齢が、コンクール出場最年少年齢8歳の4年生からというのも頷けます。私がコンクールを見てきた印象では、8歳3年生では普通の学校へ通う子どもとhoraires amenagesの子との差はほとんど感じられませんでした。
しかし、フランスで最難関の<グラース国際コンクール>を今シーズン見ていて感じたことは、9歳4年生あたりからhoraires amenagesへ通っている子と普通の学校とバレエを両立している子では練習量の違いを見せつけられる結果でした。
これは実力以前の練習量の問題なのでは? ダンサーを目指すスタートラインに立つにはまずhoraires amenagesへ通うことを選択するのがいいのではなか? と。

03

<受験手続>
小学校4、5年の場合は実技テストなしで書類選考のみです。
揃えるものは小学校の成績表、専門分野の先生からの時間割表、バレエでの経歴(コンクール出場記録&結果)、バレエをしているところの写真、そしてモチベーションレター(手書き)
04

モチベーションレターは今年から提出書類になったそう。
まずは本人が書いて、親が直して、それを本人が清書。かなり時間がかかりますが、こういうものを大切にするのがフランスなので一生懸命です。
中学校の場合は上記の書類に加えて実技テストがあります。審査員の前でバーレッスン、そして1、2分のコレグラフィーを1曲踊ります。
結果は6月中旬です。
後日そんなhoraires amenagesに通う子どもたちの1日もレポートしてみたいと思います。

記事・写真:松永麻衣子

 




 

【 関連記事 】

海外のコンクールレポート1(フランス)
CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE DE GRASSE
http://ballenta.net/archives/1803

 

海外のコンクールレポート2(フランス)
CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE LE CHAUSSON D’OR
http://ballenta.net/archives/1801

 

海外のコンクールレポート3(フランス)
CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE D’AIX-EN-PROVENCE
http://ballenta.net/archives/1799

 

海外のコンクールレポート4(フランス)
CND (CONFEDERATION NATIONALE DE DANSE)
http://ballenta.net/archives/1797

 

海外のバレエレポート5(フランス)
Theilaïa(ワークショップ)
http://ballenta.net/archives/1484

 

海外のコンクールレポート6(フランス)
Grand Prix des Jeunes Espoirs
http://ballenta.net/archives/1477

 

海外のコンクールレポート7(フランス)
CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE DE GRASSE パート2
http://ballenta.net/archives/1795

 

海外のコンクールレポート8(フランス)
《CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE DE DEAUVILLE PRIX NIJINSKI》
http://ballenta.net/archives/1793

 

海外のバレエレポート9
フランス・パリのワークショップ
<TERPSICHORE PARIS>スタージュ
http://ballenta.net/archives/1836

 

海外のバレエレポート10
コンクール(ベルギー)
《CONCOURS INTERNATIONAL CLASSIQUE,JAZZ&CONTEMPORAIN PRIX ARABESQUE》
http://ballenta.net/archives/1906

 

海外のバレエレポート11
コンクール(フランス)
《CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE ET Neo CLASSIQUE DE TOULOUSE》
http://ballenta.net/archives/1982

一覧へ